更年期障害

更年期障害

更年期障害は、40代~50代の女性が女性ホルモンの減少が原因で起こるさまざまな症状をさします。

具体的には、のぼせ、ほてり、冷え症、発汗異常、動悸、
めまい、うつ状態、イライラ感、不眠、頭痛、手足のしびれ
、などがあらわれます。

10年後や2長期の潜在期間を経て発症するのが
尿道炎、尿失禁、皮膚委縮、肥満、腰痛、肩こり、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)、
骨量減少症、動脈硬化症
など といわれています。



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0